無料ブログはココログ

« ボランティア活動-石巻・牡鹿半島・漁業支援(7/3) | トップページ | ボランティア活動-新センター(活動拠点)への行き方 »

2015年7月 6日 (月)

ボランティア活動-石巻・個人宅近況伺い・畑仕事(7/4)

2日目は午前と午後でそれぞれのお手伝いでした。


■午前中■

石巻市内の震災後チーム王冠が支援していた方々の近況伺い。

長期ボランティアの男性で、ずっと在宅被災者の
アセスメント調査もされていた方と一緒に回りました。


本日訪問した市街地ともいえる内陸のこのエリアは、
最も新築物件が立てられている地区。


なので、在宅被災の方ではなく
既存のアパートなどに入居されている『みなし仮設』の方々が多いです。

久しぶりの訪問で、今後の対応有無を判断するクレンジング作業でもあります。

避難所にいた方々は被災者として認知される存在になりますが、
”在宅被災”-様々な理由で避難所から戻らざるを得なかった、
      入らなかった、入れなかった-の方々は
「被災者」と認知されませんでした。

在宅被災の方々を見つけるには
どうするか?


歩いて探し回ります。

被災した家屋でも洗濯物があったり、
人が住んでいそうな雰囲気を見ては一件一件ドアノック。

みなし仮設の方々は、新聞に告知した毛布、
布団配布の案内に反応して下さった方々が多くを占めます。


これも毛布を配りながら、それぞれの専門家につなぐための状況伺いです。



とにかく歩き回らないとはじまらない。
本日も数十件のうち、不在、転居など空振りもたくさん。


かつてアパートがあったところに、新しい建物となった場所も少なからず。
そこにいた方々が新天地で無事に生活されていることを祈るばかりです。

久しぶりに、少しだけ、原点に戻った気がした午前中でした。




■午後■

午後は一転畑仕事。

チーム王冠の副代表の方が設立された
『こころスマイルプロジェクト』のお手伝いです。


震災により『不登校やPTSDなどにより居場所を失いかけている子供たち』の
心のケア活動などをしています。


午後の作業は
お借りした写真の畑で、子ども達が、イモ植えを出来るように準備すること。


畑に隣接している老人介護施設に通われるお年寄りとの交流の場にもなるそうです。


で、畝づくりです。


堆肥が巻かれた土を、鍬とスコップで掘り起こし、
鋤でならして5つの畝を作りました。


施設の方と、長期ボランティアの男性と3人で作業したけど、
多分私が1番掘れてない…とほほ。

こういう作業すると、いつも『ヒトとしてだめだなぁ』
と思います…


Photo_4

Photo_5

« ボランティア活動-石巻・牡鹿半島・漁業支援(7/3) | トップページ | ボランティア活動-新センター(活動拠点)への行き方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574535/61847215

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア活動-石巻・個人宅近況伺い・畑仕事(7/4) :

« ボランティア活動-石巻・牡鹿半島・漁業支援(7/3) | トップページ | ボランティア活動-新センター(活動拠点)への行き方 »