無料ブログはココログ

« ボランティア活動-新センター(活動拠点)への行き方 | トップページ | (番外編)在宅被災者支援考えるシンポジウム-資料作成 »

2015年7月19日 (日)

ボランティア活動-石巻・漁業支援(7/18)

今回は1日のみのお手伝い。

厚木市からいらしたリピーターの男性と
石巻のとある湾で海藻類の出荷準備手伝いです。


半年ぶり・・かと思ったら昨年4月以来、1年3か月ぶりでした。

Photo



ユリの花がたくさん咲いてました。
あたり一帯ユリの花の香りが漂っていました。

Dsc_1483
Dsc_1484


途中通過する雄勝の街並みは変わらず、
街の再生に時間がかかっていることを改めて思いました。





こちらでのお手伝いのメインは
出荷先ごとに異なるワカメなどを規定の重量分はかって、袋詰めして、袋とじすること。
スーパーへの出荷や電話注文の数量分、在庫保管分をつくっていきます。


今回初めて、ワカメの「芯ぬき」作業デビュー。
「は」(普段ワカメと言っている部分)と「くき」(茎ワカメになる部分)を
分離させる作業です。

工場に行くと、浜のお母さんたち(といっても数人です)が
いつもずっと行っている作業です。


「くき」と「は」の間に切り込みをいれて、手で”しゅるしゅるしゅる”と分離させます。
時間がなくてほんの少ししかできませんでしたが難しい!


こちらの水産会社は
被災して家屋や工場が流出し、再建のために借金を重ね、
土日も休みなく、連日働いています。

お体の不調を話す奥様に、少しお休みなさったら、とお話してしまい、
でも、1日も休めないの、と笑顔で返して下さったのですが、
自分の配慮のなさに反省をしました。


浜の外から人が来ない中で、
今後再建の見通しをなんとかたてるために、
ボランティアが細々と継続的にお手伝いを続けています。

« ボランティア活動-新センター(活動拠点)への行き方 | トップページ | (番外編)在宅被災者支援考えるシンポジウム-資料作成 »

東日本大震災関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574535/61915292

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア活動-石巻・漁業支援(7/18):

« ボランティア活動-新センター(活動拠点)への行き方 | トップページ | (番外編)在宅被災者支援考えるシンポジウム-資料作成 »