無料ブログはココログ

« ボランティア活動-石巻・牡鹿半島・漁業支援(4/2) | トップページ | ボランティア活動-石巻・牡鹿半島・漁業支援・倉庫片づけ(5/1-2) »

2015年7月 6日 (月)

ボランティア活動-石巻・漁業支援(4/3)

本日は石巻のある浜で牡蠣の養殖お手伝い。


写真はその浜からの近景。
まだ浜の修繕が終わらず岸に着けない船たち。

0403_

0403__2




牡蠣の種付けはホタテの貝殻、
ホヤは牡蠣の身の方の貝殻を使う。

ノリ養殖は牡蠣の蓋の方の貝殻を使うのだそう。
循環してるんですね。


ホヤも牡蠣の養殖もこれまでほんの少しのお手伝いだけど、
たくさんの手間と人手がいるお仕事だとつくづく思った。


重機をつかったり、
工具をつかう工程(という言葉が適切ではないかも)もあるが、
手作業の工程も少なくない。


何トンと水揚げするためには、何千個分の手作業を行うこともある。


今日お手伝いした漁師のおじいさんは、
かつて、「養殖は農業と同じ、手間隙かけて育てるんだ」と
誇らしげにおっしゃっていた。



震災前は、種付け準備は家族はもちろんご近所の方々や浜の人たちが
手伝って行っていた。
しかし今は近所や浜の人たちがいない。

さらに
手塩にかける、
手間隙をかける、という仕事。

こういう仕事は若い人や、私の所属する、どちらかといえば、
効率や合理性を尊ぶIT業界を志向する人たちは、
多少のお金をもらってもやらないだろうなぁ、と思った。




震災後、ホタテの養殖は、漁師によっては、
人手がないから北海道から種を買う場合もあるそうだ。

でも牡蠣は日本全国の種牡蠣は三陸産だ。


自動化?、それで生活できる、尊ばれる仕事になること?

なんだかわからないけど、
何かが変わらないと、いずれ、
三陸の海の恵みはなくなるかもしれないとも思った1日でした。

« ボランティア活動-石巻・牡鹿半島・漁業支援(4/2) | トップページ | ボランティア活動-石巻・牡鹿半島・漁業支援・倉庫片づけ(5/1-2) »

東日本大震災関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574535/61847119

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア活動-石巻・漁業支援(4/3) :

« ボランティア活動-石巻・牡鹿半島・漁業支援(4/2) | トップページ | ボランティア活動-石巻・牡鹿半島・漁業支援・倉庫片づけ(5/1-2) »