無料ブログはココログ

« ボランティア活動-東松島・在宅被災者の近況伺い(10/11) | トップページ | ボランティア活動-石巻・牡鹿半島・漁業支援(11/29) »

2014年10月19日 (日)

ボランティア活動-石巻・お茶っこバス(10/12)

2日目の本日は「お茶っこバス」。


もはや”お茶っこバスマスター”と呼ぶにふさわしい
神奈川からいらしたリピーターの男性とご一緒に応対しました。



仮設住宅には、集会所が併設される場所が多いのですが
在宅被災者のかたがたには
集まる場所がなくなってしまったところも少なくなく
被災したご自宅に人を呼ぶ、遊びに行くことも躊躇・・・の中で
人が集まるきっかけになればと、始まった活動です。



ご要望の地域にサロンバスを出張させ、バスの中でお茶っこを
していただくミニイベントです。



本日は石巻市内で午前と午後で1回ずつ。私はなんちゃってウェイトレス。

飲み物をだし、話しかけられれば、その場にとどまり話を聞かせていただき、
そうでなければ端っこに控えて、お話を聞いてる役回りになります。


”うちの地区は再建計画がまったく市から示されない。
市役所に聞いてもHPにのってるからの一点張り。
残っている人はHPみられない御年寄りが多いのに”

”もうあきらめている”というお話もありました。



市も日常活動に加え、震災復興で本当に多忙なのだと思います。

ただ、特に仮設に入っていない被災者のかたがたは、環境面などで
情報も行き届かなく、結果、なおざりにされている感が強いらしく
気持ちが落ち着かない場合が多いようです。



話の多くは近況の情報交換が多いようでした。
また震災時の色々大変だったこと、
支援の時のトンデモ話などを笑って冗談まじりに聞くことが多くなったように思います。



2回とも笑顔が絶えない回でした。
午後は時間を大きくオーバーして終了しました。


午後のお茶っこが終わった後、所要でお茶っこをしていた場所にしばらく残っていたところ、
このお茶っこに参加したおばあさんとお話をしたあるご婦人から、
「『今日のお茶っこバスはとても楽しかった』と何度も話していたよ」、と伺いました。

震災後ご家族の面倒で外に出る機会もなく、ストレスがたまっていたので解消になったと。

またその通りがかったご婦人と男性から、次の
「お茶っこバス」と「お湯っこ」を楽しみにしているとお話いただきました。


この「お茶っこバス」は
ボランティアは、運転手とサポートの最大2名。
参加者は数名から10名未満で行われます。

1回1時間~2時間程度の短い時間です。
またサロンバスとはいえ、バスの中なので、決して快適な環境ではありません。

ですが話の大半が近況報告であるなど、
このイベントではじめて、また、久しぶりにご近所のかたがたと
お話する場合も少なくないようで、
”地域の人が集まるきっかけ”としても使われているようです。

ご要望を受けて行うイベントですが
震災以降、不定期に継続的に行われています。


石巻市から”コミュニティ維持再生に寄与している”と
評価されて支援を受けている活動になったそうです。


追伸:
お茶っこバスマスター”こと「東北ほっとプロジェクト」の杉崎さんは
数多くお茶っこバスのご担当をされており、
お茶っこバスの意義などについてまとめています。

背景など含めてわかりやすくまとめています。
よろしければこちらもご一読ください。

« ボランティア活動-東松島・在宅被災者の近況伺い(10/11) | トップページ | ボランティア活動-石巻・牡鹿半島・漁業支援(11/29) »

東日本大震災関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574535/60511125

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア活動-石巻・お茶っこバス(10/12):

« ボランティア活動-東松島・在宅被災者の近況伺い(10/11) | トップページ | ボランティア活動-石巻・牡鹿半島・漁業支援(11/29) »