無料ブログはココログ

« ボランティア活動-石巻・漁業支援+雄勝のある浜の移転のお話(14/4/27) | トップページ | 東北復興支援プロジェクト『MIYAGI POKERUN(ポークラン)』 »

2014年5月 5日 (月)

ボランティア活動-石巻・牡鹿半島・漁業支援(4/28)

2日目は石巻・牡鹿半島のホヤ養殖のお手伝い。

昨年の7月以来でした。



牡鹿半島では被災した道路修理工事をあちこちで見かけます。

久しぶりの作業場で、私が地図に弱いためか 作業場をうっかり通り過ぎ、
気が付いたら原子力PRセンターまでいってしまったのですが、
PRセンター付近になると道路(舗装)が立派なことが目につきました。



暑くもなく、脳ミソ溶けそうな気持ちよい風が吹いてて、絶好のアウトドア作業日和。
涼しくなると、カエルのような鳥の鳴き声が何度も聞こえてました。
昨日の浜では、ウグイスの声が響いてたました。




心地よい空気の中での作業は
前回同様にホヤ養殖用の牡蠣の貝殻に紐通しでした。



穴があいている牡蠣の貝殻に、 2.5m位の紐が埋まる程度に通します。

197


今回は貝殻に付着しているフジツボを落とす作業もありました。

フジツボが付着していると、 ホヤの赤ちゃんがそこに入ってしまい 身が大きくならない、
落ちてしまうなどの不都合が発生します。




作業場所は石巻市街から1時間30分程度かかります。
ご夫婦は隣の市からさらに時間をかけて通っています。


浜の方はおらず、作業はご夫婦でされています。

震災前はホタテ養殖をされていましたが、
ホタテ養殖は収入までに時間がかかるとのことで
収入までの期間が比較的短いホヤ養殖を選んだそうです。


それでも収穫までに3年かかります。
震災から約3年たって、ようやく本業で得られる収入です。
その金額が一般的に聞く新卒の年収の半分程度です。


家屋はもちろんのこと、 作業に必要な船・道具は一切流されています。
養殖に必要な仕事道具は震災後に購入しています。


「一昨年冬」にチーム王冠さんが長期ボランティ案件として
お手伝いした養殖作業の水揚げが「今年の春」はじまりました。


朝漁でとれたばかりのホヤを見せていただきました。
外側は少しかわいい奇妙な形ですが、 内側は綺麗なオレンジ色。

212

三陸のホヤは、漁場の養分が豊かなおかげで身が大きく味が濃いのだそうです。

韓国の方にもとても人気があるそうなのですが
現在は、原発の影響という表向きの理由、
実態は政治的な理由で輸出ができないのだそうです。




もう一つ残念なことがありました。

前回お伺いして以後、2度盗難にあわれたとのこと。
倉庫変わりの小屋に、切り裂かれた後がありました。

202


タイヤが盗まれ、電気コード関係が引きちぎられていたとのこと。

盗難自体非道ですが、震災後盗難の話はあちこちで耳にしました。
なぜ弱っている人の財産を奪うのか
「理不尽」という言葉しかでてきません。

« ボランティア活動-石巻・漁業支援+雄勝のある浜の移転のお話(14/4/27) | トップページ | 東北復興支援プロジェクト『MIYAGI POKERUN(ポークラン)』 »

東日本大震災関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574535/59588118

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア活動-石巻・牡鹿半島・漁業支援(4/28) :

« ボランティア活動-石巻・漁業支援+雄勝のある浜の移転のお話(14/4/27) | トップページ | 東北復興支援プロジェクト『MIYAGI POKERUN(ポークラン)』 »