無料ブログはココログ

« ボランティア活動-石巻・植樹用の土嚢運び、てらっぱだけ、浜の様子伺い(3/3) | トップページ | ボランティア活動-石巻・漁業支援(7/12,7/14) »

2013年5月 2日 (木)

ボランティア活動-漁業支援(13/5/1)

GWの1日だけですが、チーム王冠さんの活動に参加しました。



この日は石巻のある浜でワカメ出荷作業手伝いをしました。


石巻市街から車で1時間ほどの場所。

途中被害のひどかった雄勝を通り過ぎます。
雄勝の仮設商店街を最後に一切の商店がない道を20分ほど行きます。

買い物はどうしているのだろうと考えながら移動しました。


また風も強く、とても寒い一日でした。
地元のおばあさんが「雪でも降るのではないか」といったぐらいで
午後からストーブをつけて作業しました。

まだまだ暖房器具はしまえないそうです。




関東からいらした元教員の男性と、新社会人の男性と3人。
二人とも前日前々日からこの現場を担当していたので
教えていただきながら一緒に作業をしました。


この現場は基本経験者が必ず入ります。
作業が多岐にわたるうえ、人手がもともと足りないので
ボランティアに都度教える時間をできるだけ省略するためです。

午前中奥さんが電話応答や伝票整理などをしていましたが
とても忙しそうで、くるくる回っていました。

旦那さんは早朝から作業をされていたそうです。



この日はワカメやコンブを指定の重量計って袋詰めの作業です。

まずは前日からの作業の積み残しに着手。
この日1000袋出荷予定のうち、昨日終わらなかった100袋の袋詰め。
指定の重量をはかり、袋詰め、袋とじ、箱詰めです。


その後小売り用ではないワカメや茎ワカメ、昆布の
袋詰め作業をしました。


驚くのは海藻類の、身の立派なこと。
そしてなによりワカメのいい香り‼
春に収穫し一度塩漬けし再度湯通ししたワカメ。
豊かな磯の香りで、作業中ずっとお腹空いてました。

浜の人達は慣れた香りらしいけど香りの強さにびっくり。

磯の香りにつつまれて幸せだけど、空腹を誘発されます。
まさかこんなつらさがあるとは。。。





従業員の方が数名いらしてお茶休憩のときに
震災時のお話をしてくださいました。

ご自身もワカメ養殖に携わっていたが、
震災後はこちらの加工場で働いている方もいらっしゃいました。

震災前から買い物が不便な浜なので買い置きをしてあったこと。
食糧は浜の皆で持ち寄ってしばらく食いつなぐことができたこと。
震災数日後には自衛隊の方が海からいらしてくれたこと。
当時とても混乱していて自衛隊の方が「何かほしいものは?」と聞かれ
「猫の餌」と答えてしまい、思わず自衛隊の方も笑ってしまったこと。
(私たちも笑ってしまいました。)

隣の浜は道路が寸断され、1週間以上自衛隊が入らなかったこと。
隣の浜は本当に被害がひどかったこと。
(この浜も防波堤が破壊され、大きな黒い土嚢が湾を囲むように並んでいます。かつての海水浴場も再開のめどはたっていないそうです。)
まわりのほうがもっと大変だから・・・とよそを心配する話も多くでました。





こちらは他のワカメ漁師さんから買い取って
加工作業もしています。

すべての漁師さんが震災後加工機械を新たに
もてるわけではないので
買い取って作業しているのだそうです。

その分加工作業がさらに忙しくなりますが、
助け合いの気持ちで引き受けているのだそうです。

ぎりぎりのところで事業を軌道にのせようと奮闘されている方がおり、
その一助になればとボランティアがお手伝いに参加しています。

« ボランティア活動-石巻・植樹用の土嚢運び、てらっぱだけ、浜の様子伺い(3/3) | トップページ | ボランティア活動-石巻・漁業支援(7/12,7/14) »

東日本大震災関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574535/57295696

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア活動-漁業支援(13/5/1):

« ボランティア活動-石巻・植樹用の土嚢運び、てらっぱだけ、浜の様子伺い(3/3) | トップページ | ボランティア活動-石巻・漁業支援(7/12,7/14) »