無料ブログはココログ

« ボランティア活動-石巻・養鶏場の掃除(1/13-14) | トップページ | ボランティア活動-個人宅の片づけ(2/10) »

2013年2月16日 (土)

ボランティア活動-事務所の片づけ・個人宅の植木抜き取り(2/9)

2/9-10の2日間、一般社団法人チーム王冠さんの活動に参加しました。



渋谷駅発、石巻行の深夜バスで早朝石巻駅に到着。
駅からセンターにはタクシーで移動(800円程度)です。



タクシーに乗ると拠点がある公園名を行先に告げるのですが、
ここ数か月、ほぼ100%、運転手の方から
「ボランティアセンター?」と聞き返されます。

拠点名は「在宅避難世帯サポートセンター」で
ボランティアセンターという名前はついていないのですが
早朝から、荷物をかかえた人たちが、小さな公園に向かうのが
不思議で聞かれるのだろうな~と想像してます。





午前中は石巻市内の事務所の片づけでした。


東京からいらした男性の方と一緒に伺いました。

この方は震災後の夏から、
中古家電を集めるプロジェクトで
多数の家電の収集をされていたそうです。

「東北ほっとプロジェクト」のメンバーを通じて家電支援をされ、
今回はじめて現地に足を運び、活動に参加したとのことでした。




事務所にお伺いすると依頼主の女性の方が待っていました。
こちらの従業員で、上司の男性とお二人で事務所を切盛りしているとのこと。


男性の方は震災後、病を患ってしまい無理をするのが難しく、
一人では事務所の片づけが難しいとのことで、お手伝いに入りました。


事務所の奥にある談話室のような部屋を
被災支援活動の場に使っていただくために
部屋にある荷を事務所側に移動すること、
それに伴い事務所のレイアウトを変更する作業でした。




利用を予定しているグループに
石巻にいる外国人の方々を支援する小さなNPOがあるそうです。

外国の方が石巻やその周辺にいるそうですが
言葉やコミュニティの問題から、
被災者支援から置き去りにされることが多いため、
在日の外国人をサポートする方がいらっしゃるとのこと。

様々な状況があるのだと、また1つ知りました。





棚やソファなどを動かすと、泥がでてきます。
ソファの足や床上も、震災後にふいたと思われるのに泥が残っていて、
拭き掃除をすると、雑巾があっという間に、
被災地で何度も嗅いだ少し独特な匂いがする汚れがつきます。


何度も拭いているが、この泥汚れは、水拭き掃除では
きちんととれないそうです。

震災後の夏に、被災した個人宅にお伺いした際にも同じ話を聞きましたが
1年11か月もたって、まだ跡が残るのだと思いました。







作業を終え、午後は個人宅の庭にある植木の掘り起しです。


被災して住めなくなったご自宅の庭の植木を
公園に植樹するために、植木を引っこ抜く作業でした。
数日前から行っていた作業で、今日が最終日。


午前中から作業をしているチームに合流し、5名での作業。


生きている植木は、根が地中広く張り巡らせていて、手強い。
雪で土が凍ってるので、スコップ作業も難儀。

私は比較的、細い幹の木を担当しましたが、
立派な木を担当した男性陣は、本当にたいへん。

全員泥だらけになりながら、穴掘り庭堀でした。
掘り起こした植木の養生まで行い作業は完了。


ご自宅はこの後取り壊されるそうです。

植木は、新しく高台にできる公園に移植予定とのこと。
地域の皆さんで、どこに、どの木を植えるか相談しながら
移植するそうです。

« ボランティア活動-石巻・養鶏場の掃除(1/13-14) | トップページ | ボランティア活動-個人宅の片づけ(2/10) »

東日本大震災関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574535/56777492

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア活動-事務所の片づけ・個人宅の植木抜き取り(2/9):

« ボランティア活動-石巻・養鶏場の掃除(1/13-14) | トップページ | ボランティア活動-個人宅の片づけ(2/10) »