無料ブログはココログ

« ボランティア・チーム王冠(9/15・合同慰霊祭のお手伝い) | トップページ | ボランティア・チーム王冠(10/5・漁業支援) »

2012年10月12日 (金)

ボランティア・チーム王冠(9/16・漁業支援)

3日間のお手伝い最終日は、女川の方の漁業支援。


王冠さんが
11年7月にはじめて物資支援してから現在までずっとサポートを
続けているお宅です。

私も、11年7月の最初の物資支援の説明(同行)から
11年12月の漁船の修理のお手伝い
とこれで3回目。



この日は漁具(網)の修理のお手伝い。
養殖用の貝をいれるような蛇腹風の網のほつれを
ひとつひとつなおしていくものです。


朝7時に女川港の船着き場に伺い、
そこから船で20分くらいの離島での作業でした。
女川原発を横目に見ながら離島に行く。


最初は息子さんと私の二人で作業。
震災後、いち早く再建にむけ立ち上がった方なのですが、
その時の話や、それにより全国より支援をいただいたこと、
人のつながりができたこと、などたくさんのお話を伺いました。

夕方からご両親も加わり、とても賑やかな中での作業でした。



夕方、女川に戻るために、船着き場に戻ろうとしたところ
周囲一帯が水に沈んでいました。
震災で地盤沈下したため、
満潮になると毎日湾周辺は道路ごと浸水するそうです。

少ないながらも人が住む離島ですが
いつ修繕されるか目途もたっていないそうです。

膝下までつかる水の中を船まで歩き戻りました。
(深いところは膝上までありました)



また、女川湾まで戻る船で、お母さんから
ボランティアの数が少なくなっていることについて

「物資支援をいただいたのは、とてもありがたく感謝しているが
 生活の基盤を立て直すこれからのほうが人手が必要。
 お手伝いの手があるかないかで、立ち直れる人、そうでない人が
 出てきてしまうのではないか」
と心配の声をいただいた。

いち早く、生活再建のために支援をもとめ
活動したお母さんだからこそ思うところがあったのだと思う。


色々お話している間に女川湾にあっという間に着く。
ご挨拶してこの日の作業は終了。

« ボランティア・チーム王冠(9/15・合同慰霊祭のお手伝い) | トップページ | ボランティア・チーム王冠(10/5・漁業支援) »

東日本大震災関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574535/55873869

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア・チーム王冠(9/16・漁業支援):

« ボランティア・チーム王冠(9/15・合同慰霊祭のお手伝い) | トップページ | ボランティア・チーム王冠(10/5・漁業支援) »