無料ブログはココログ

« ボランティア・チーム王冠(7/26・自宅避難者お話伺い 東松島市) | トップページ | ボランティア・チーム王冠(その他いろいろ) »

2011年8月15日 (月)

ボランティア・チーム王冠(7/26・自宅避難者お話伺い 石巻市)

7/26午後は、石巻市に戻り、チーム王冠がサポートしている方に
状況伺いに行く。


石巻市の門脇。Sさん。
復旧工事中のささかま工場の近く。

ご夫婦が揃ってご自宅にいらした。
ここでも「あがってお茶でも」とお声がけいただく。


おとうさんは、漁師さん。
港の瓦礫が片付かないため、漁ができずに失業中。

被災したときのお話をしてくださった。
当日は、ご夫婦別々のところにいらしたそうだ。


おとうさんは、ご自身のお母さんを助けに向かったそうだ。

高台に連れて行くのに、お母さんともども津波に飲まれ、
ものすごい勢いで体が流された。
水に巻き込まれたお母さんの体がすごく重く感じ、
お母さんの手を離すか?という迷いを
自分の母親の手を離すわけにはいかない、
という思いで打ち消しながら、津波にながされたそうだ。


おかあさんは、車で逃げたが、あっというまに車ごと
津波にながされた。
幸い、車のドアが壊れてくれたので、なんとか逃げられたそうだ。

高台に上り、ふりかえると、すぐ後ろで
車ごと波に流された人たちをたくさん見てしまったそうだ。
町は車の渋滞がひどく、そこに津波がきて、流されてしまったと。


二日間、互いに連絡がとれず、もうだめかと思ったが
自宅で無事再開できた。


でも避難も大変だったが、その後が地獄だったと。


近所の学校・避難所に向かったが、2000人もいて
横になれない。
着のみ着のままの状態で、食糧支給もない状態が3日間続いた。
3日後には小指大くらいのおにぎりが、ようやく支給。

先が見えない状況に、自宅に戻った
近所のおじいちゃんが自殺したりしたそうだ。


避難所にいられなくなり、自宅に戻っても
道路が片付かず、立地的に埋もれた家になっていたそう。

最初に自分達をみつけ、支援してくれたのが、
チーム王冠だったと。

何をするにもお金がいる。
先が見えない中で、支援をしてくれたことに、感謝をのべていた。

おかあさんは、被災前はスナックにつとめていたそうで、
お写真をみせていただいたが、ふっくらしていた。

被災後20kgもやせてしまい、お会いしたときは素顔だった。

次に津波がきたら、生き延びる気力がわかないだろうとおっしゃっていた。

1時間くらいお話を伺って、辞去。




続いて大街道のSさん。

石巻市から物資リストに記入した物資がまったく届かないと
怒っていた。
何度か続いているとのこと。

状況だけうかがう。




3件目は、石巻界隈では一部有名な「美浦旅館」さん。

ここでも「まぁ、あがってあがって」。

津波で被災した旅館。
写真のとおり、人が住めない状態。

393


旅館では大きな犬を飼っていて、避難所に入れない。
石巻市からのサポートもなく
このためこのご家族は、この旅館にテントをはって、暮らしているのだ。

拾い犬のキクちゃん。
建物内にいるのがご主人。

386

投げた積み木をとってくるのが大好き。1万回でもやる。

390


この地域は立替ができないらしく
山形ボランティア隊などのボランティアの力をかりながら、旅館の修繕をしていた。
この日は東京外語大の大学生が二人きていた。


ご夫婦が底抜けに明るい人で、
またおとうさんが、まんがのキャラクターになるくらい、
お顔も性格もキャラがたっている豪快な方だ。

被災当時の話も、内容は壮絶なのに、
からっと話される。


もともとこの旅館、いわゆるドカタの方々が泊る、
内鍵なぞない、そういう感じの旅館だったそうだ。

ご主人は、
復旧作業を通じて、今までつきあったことのない
学生やボランティア、王冠のような人と接点がもてたことが
とても嬉しい、とおっしゃっていた。

ちなみにボクシングが大好きで、話し出すととまらないらしい。




最後に大街道のAさん。

水道から油がでる、と伺っていたが、状況が変わらないとのこと。

こちらも市からの物資配給1回目だったからか、頼んだ物資が
まともに届かないとのことだった。

物自体がとどかない、ということもそうだが
オムツ3と記入したところ、3パックではなく、バラのおむつが3シートと届いたそうだ。

誰だ、そんなバカは・・・
冗談としか思えない。


ヒアリングはこれで終了。

急遽、スタッフが、代表伊藤さんに相談し、水道から油がでるというAさんのグループに
世帯分のお水を届けることにした。

少なくないお水を車に積んだが、
物資を運ぶ作業のほうが、気持ちが何倍も楽だ。


チーム王冠は背負うものが大きすぎる。
手をとめれば、誰かの生活に直結するからやめられないのだろう。

本当に頭が下がる活動です。


« ボランティア・チーム王冠(7/26・自宅避難者お話伺い 東松島市) | トップページ | ボランティア・チーム王冠(その他いろいろ) »

東日本大震災関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574535/52477798

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア・チーム王冠(7/26・自宅避難者お話伺い 石巻市):

« ボランティア・チーム王冠(7/26・自宅避難者お話伺い 東松島市) | トップページ | ボランティア・チーム王冠(その他いろいろ) »